回遊魚のキヲク

アクセスカウンタ

zoom RSS 機械室にハイヒール

<<   作成日時 : 2011/08/21 23:21   >>

ナイス ブログ気持玉 36 / トラックバック 0 / コメント 14

画像



機械室にハイヒール


馬鹿みたいに不釣り合い!


もう、こんな靴は要らない。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 36
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
きれいな靴〜
ゆーりさん、こういうファッション?「もう、いらない」ってか
pass子
2011/08/21 23:45
おはようございまァ〜す。
ピンヒールのサンダル?ヒールのところが見えない・・・。
ゆーりさん、お洒落ですね(^^)
足が痛くなちゃったかな?
詩音連音
2011/08/22 07:28
あこがれです、こんな繊細なハイヒール。
とんがったつま先のピンヒールをカッコよく履きこなすには...。(- -;)40歳までに完璧に似合う女性になるのが目標、かなぁ!(笑)
クローバー
2011/08/22 08:24
セピアトーンの光と影の交差
 履き捨てられた喧騒のヒール
  なにものかと訣別するように
   訣別した自我を凝視する影ありて

 成熟した心象映像。 共鳴。  
しげぽん@うちんちの外から
2011/08/22 19:53
>pass子さん
いやあ、あんまりこういう靴を履くファッションって実はしてないのですよ。
この時はたまたまあるパーティーみたいなのがあって、その時車に積んでおいた靴を撮影したくなって現場に持っていった… てのが真相です。

>詩音連音さん
いやいや、、おしゃれじゃないんです。
殆どがジーパンスタイル これが定番ですね。
痛いのよ、ハイヒール^^; ほんとに要らないわ。普段は…

>クローバーさん
今の私もカッコよくなんて、ぜーんぜん履きこなせない^^;
クローバーさん、ぜひこんな靴で
天海 祐希ばりに颯爽とカッコよく歩いちゃって下さい!
この人、あこがれるわ〜〜

>しげぽんさん
@のうしろ、、ものすごーく下品な文字に見えちゃって焦ったじゃあないかぁ!!

みなさま、コメント本当にありがとうございました^^
ゆーり
2011/08/22 22:42
ご自身のハイヒールでしたか(^_^)
印象的な置き方と光の写真ですね。こういう写真撮ったことないので、今度、チャレンジしてみようかなあと思いました(問題は何を置くかですか(^_^;)
たかじい
2011/08/22 23:45
昔はこの様な手法が有りましたね。
単写真として見させて頂きますが
なぜ、何を、どうして、の疑問がわきます。
ごめんなさいね。
率直な意見です。
申し訳有りません。
あいべん
2011/08/23 09:38
この不釣合いな物体は。。。。

いやらしい印象を受けた私はお呼びでない???
コリン
2011/08/23 14:22
>たかじいさん
いつもコメントありがとうございます。
影と光のコントラストが面白かったので、こんな写真にしてみたのですが…
次回のたかじいさんのチャレンジ、楽しみにしています^^

>あいべんさん
苦言をあえてくださる、これもあいべんさんの愛情のコメントだと思っております。
ありがとうございました。
写真は過去1年くらいに撮ったものから選んだのですが
今回は自分の心の中での、一つの踏ん切り
前へ進むための記事としてのチョイスでした。
それでも、こういう作為的でダークな画像は奇異に映って
あまり気持ち良い記事とは言えなかったかもですね。
…というか奇をてらった滑稽なものだったのでしょうか。
率直なご意見、ありがとうございました。

>コリンさん
お呼びでないなどと、とんでもございません。
「いやらしい」との印象、大変申し訳ありませんでした。

みなさま、コメント本当にありがとうございました。
ゆーり
2011/08/23 20:14
タイトルからして、私が大喜びすしそうな写真だったんでしょうね。
見られないのが残念!
さくらい
2011/08/23 20:53
ブログは、不特定多数の目に晒されるものですが、
自身の心を見つめるための内省的な場であったっていい。
特定の相手に向けたメッセージであったっていい。
それを察して読むのも、読者たる我々の一興です。
信じたまま、自分の心を語ればいいと思います。

それに、不愉快に感じる人はほんとうにいたのかな?
思い違いじゃないのかな。

写真、どうかここに残して欲しい。
忘れられない、心に残る写真でした。
俊太郎
2011/08/23 20:55
ここはどこだろうか。
個人の居室であり、飾られる絵柄は住人の心象風景。
 通行人としての私達は、飾られる絵柄にいろんな思いを馳せる。
 絵柄に対する感じ方は各人それぞれであろう。
 ”赤”に情熱を覚える人あらば、うだる様な暑さを感じる人もあろう。
 ”黒”に恐怖を覚える人あらば、静謐な心の佇まいに安らぐ人もあろう。
報道写真館ではない。 ここは個人の居室なのだ。
 同じ個人でも、太陽を自然の恵みと感ずることもあろう。
   ある時は、太陽の光を恨めしく思う時もある。
 同じ一人の人間ですらだ。。。
  いわんや、他の人の心象風景は知る由もない。
しげぽん
2011/08/23 22:28
どこのどなたであろうか。
 私のメッセージをリアルタイムで校正してくれた方がいる。
 相当のIT達者というべきであろう。
 ゆーりさん。 恥ずべきものは何もない。
        まして詫びる必要もない。
 自室に、花を活けようが、魔佛をおこうがそれは自由である。
 日記帳に、朱筆を入れられたらたまったものではない。
しげぽん2
2011/08/23 22:41
おそる おそる、、戻しました^^:

しばらくPCを見ないうちに こんな風になっていて…
皆様の愛情が、まるで怒涛のようです。
私の勝手な振る舞いに、優しいコメントを入れてくださった方
メッセージを下さった方
頑張れの気持ち玉を何度も下さった方
本当にありがとうございました。

感謝の念でいっぱいです。
\(*T▽T*)/
ゆーり
2011/08/23 23:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
機械室にハイヒール 回遊魚のキヲク/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる