回遊魚のキヲク

アクセスカウンタ

zoom RSS この静かな世界の片隅で

<<   作成日時 : 2011/09/27 22:35   >>

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 18

画像



画像



画像



画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
かつての繁栄の跡なのでしょうか・・
それぞれが何か言い残したことがあるような
または働きすぎて疲れたという気配
そんなイメージが湧く写真ですね・・
923
2011/09/27 23:48

黙りこくっているのに多くを語っているような
化石のような写真だなぁと思いました。
 
full
2011/09/28 01:17
ほっ・・・。
ゆーりさんワールドだ・・・。
詩音連音
2011/09/28 07:22
垂下ったチエーン、配電盤に三相ブレーカー、圧力「0」の水圧計、投石されたガラス窓、冷え切り静まりかえった工場…
これが、今日、明日の零細中小企業の現実ですね。
技術の日本は何れ過去の出来事になってしまうのでしょうかね…。
すずめばち
2011/09/28 08:11
高度成長期を支えた時代の忘れられて行く
産物ですね。
手動ホイストの鎖が過っての時代を物語るようです。
あいべん
2011/09/28 11:47
こういった写真、また動画とか、エントリー記事の
トップに使わさせていただきます。

JOHN BEATLE LENNON
2011/09/28 18:11
実は私「廃墟」好きでもあります^^;
適度な荒れ加減・・・ガラスのひびが何とも言えません。
Poo!!
2011/09/28 21:22
この質感にうっとりします。
狙って撮らないと、このように撮れませんよね。 さすがです。
masawagon
2011/09/28 22:47
>923さん
>fullさん
>詩音連音さん
>すずめばちさん
>あいべんさん
>JOHN BEATLE LENNONさん
> Poo!!さん
>masawagonさん

今回はこんな一括レスのお返事をお許しください。

実はこの写真を撮影したのは2年程前。
工場とかでなく、偶然見つけたお役御免の排水処理場の跡です。

この辺りの土地は海抜0メートル地帯なので、こうした施設が沢山ありました。
こういった産業遺産を見ると、なんだか本当に愛しいというか切ないというか複雑な気持ちになります。

現在はどうなっているのかは全くわかりませんが、こんな施設が取り壊される事もなく、殆ど解放状態のまま放置されてるのがとても不思議な気分になりました。

実はこの写真の存在をすっかり失念しておりましたが、先日の過去データーの整理の際に発掘してしまい
もともと廃墟好きな私は、楽しく現像致しました。

アップしようか止めようか、随分迷いましたが載せてしまいました。
不愉快な気分になった方がいらっしゃったとしたら御免なさい。


皆様、コメント本当にありがとうございました。
ゆーり
2011/09/28 23:04
こんにちは。
こーゆー世界観、大好きです。
トトパパ
2011/09/29 08:55
廃工場か何かでしょうか?
今日も別世界ですね!
イッシー
2011/09/30 21:44
軍艦島で見たいくつかのシーンを連想しました。
とうい
2011/09/30 23:21
>トトパパさん
私も実はこういう雰囲気の写真を撮るのが大好きなのです。
そう言っていただいて、とても嬉しいです。

>イッシーさん
ここは実は低い海抜地帯の排水処理場あとです。
なかなか面白い所でした^^

>とういさん
軍艦島、、いいなぁ…
とてもとても、、本当に一度行きたい場所です。
いつか、、いくぞ!

みなさま、コメント本当にありがとうございました^^
ゆーり
2011/10/01 01:40
どんな重量物すらものともせず持ち上げた
   <太い鎖の筋肉繊維>
激務に応じ、迅速に的確にマシンへ指示してた
   <電子パルスのシナプス>
マシン達へエナージをたゆまずに送りこむ
   <血流のアナログ血圧計>
そ・し・て
  高度成長期は、終・焉をむかえ
務めを果たし終えた老兵の額には、栄光の皺が
   <朝陽の活力を取り込んだ窓>

 肩をもんで差し上げたい。。。
  時代を見事に支えきったファクトリー爺や・・・
しげぽん
2011/10/02 04:32
こういう静かに眠る産業遺産は本当に魅力的です。

しげさんのコメントはいつも詩的
切なくなるほど…
ゆーり
2011/10/02 22:07
廃墟系は怖いのでいつもビビリながら撮影ですね(笑)
かぷち〜の
2011/10/02 22:24
わっっっっ
こういうのがたまりません!!
たぶんゆーりさんのお陰でさらに
魅力的になってる・・・
脱力・・・
すー
2011/10/03 02:26
お二方
お返事遅くなってしまってごめんなさい^^;
>かぷち〜のさん
そうですね…^^; まったくその通りです…

>すーさん
まあ、ありがとうございます^^
こういう所が大好きなので
つい入り込みな撮影と現像しちゃいます。

おふたりともコメントありがとうございました^^
ゆーり
2011/10/04 00:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
この静かな世界の片隅で 回遊魚のキヲク/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる