回遊魚のキヲク

アクセスカウンタ

zoom RSS いつも夕日の中

<<   作成日時 : 2012/01/26 01:40   >>

ナイス ブログ気持玉 48 / トラックバック 0 / コメント 15

画像
ASAHI PENTAX SPF フジカラー NEOPAN SS100 ダークレス現像



画像
ASAHI PENTAX SPF フジカラー NEOPAN SS100 ダークレス現像


駅を出ると、瀬戸物工房のある家の黒塀が迎えてくれます。



画像

この昭和の街は、いつも暖かい夕暮れの色。

 


画像
ASAHI PENTAX SPF Kodak GOLD100


職人の息遣いが聞こえそうな作業部屋の片隅



画像
ASAHI PENTAX SPF Kodak GOLD100


永遠の美少女、八千草薫が微笑んでいます^^




画像
ASAHI PENTAX SPF フジカラー NEOPAN SS100 ダークレス現像


そういえば私が小さい頃、いつも母は着物に割烹着だったなぁ…



画像

昭和への短いタイムスリップ 楽しんでいただけました?






表記のない写真は、5Dでの撮影です。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 48
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
銀塩も巧い! 感心してます。




銀塩も流石ですね!コダックGOLD-100久し振りに観ました…
職人さんの部屋ですかね、八千草薫のプロマイドが懐かしい(^^)

 
すずめばち
2012/01/26 07:34
うんうん!ここあったわ〜
しっとりしたお写真で時代にぴったりです。
輸出用の瀬戸物なんか、面白いものがありました。
平日なんかひっそりしてるから、人目を気にしないで、
屈み込んで写してても大丈夫。行きたくなってきた〜
paarubi
2012/01/26 09:39
割烹着、昭和30年代の母親の象徴ですね!
映画でも、この時代を物語った『三丁目の夕日』が
ヒットするわけですから、何かしら、この時代は
人の心を和ませるものがあるんでしょうね!
JOHN BEATLE LENNON
2012/01/26 12:23
昭和の暖かさが伝わってきますね。今の便利な住まいも良いですが、こういったぬくもりを感じられる雰囲気がとても素敵です。
かるきち
2012/01/26 21:11
フィルムのやさしさも、デジタルのシャープさ、ゆーりさんにかかると自由自在かな。
特にモノクロで撮ると、解像度がいっぺんに高くなって、シャドー部のデティールが浮彫のように残っているのに感動しますよね。
カラーのGOLD100も好きなフィルムです。
値段の割に肌理が細かく、暖色系の発色がホントにあったかいです。
でもさすがに、そんなフィルムが一本95円で売られているのは悲しさ半分の気持ちです。
さく
2012/01/26 21:20
博物館や資料館って
ただ物が陳列してあるだけの所が多いんですが
なんですかここは!
駅から工房までその当時のまま再現してある Σ(@o@)ノノ
その当時の人達の営みや空気まで大事にしてるのが伝わりますね
明治村といいここといいそうゆうの解っている人が多い土地柄なんですかね?

そして、ゆーりさんの写真の色合いと光の加減が絶妙で
その当時を過ごしてきた人の記憶に見事にシンクロして
その当時の記憶が一気に蘇るんですね
そこがゆーりさんの写真の魅力の一つだと
私は感じてます (^-^

ありゃ、
柄にも無く真面目なコメントして
ちょっと恥ずかしくなっちゃいました (^-^;A
ta93
2012/01/26 23:54
私は八千草薫の若き頃の世代ではないですが、なんとも懐かしい気がしますね(^ー^)タイムスリップ、楽しみましたあ!
かぷち〜の
2012/01/26 23:55
瀬戸市出身なので
子供の頃 実際にこんな陶磁器を干してるところを見てました
懐かしいです。
湯呑み
2012/01/27 08:58
>すずめばちさん
ありがとうございます。
ベテランの方に褒めていただいて、本当に嬉しいです。
八千草さん、今でもそうですが、本当に可愛らしいタイプの方ですね。

>paarubiさん
平日はもう、ゆっくり撮影し放題ですね。
今その輸出用の瀬戸物は二階の展示ブースに並んでます。
人形なんてとっても繊細で素晴らしいですよね^^

>JOHN BEATLE LENNONさん
三丁目の夕日、今タイムリーですよね。
新作観たいな〜
昭和って私たちの世代は懐かしく、若い人たちにとっては目新しくてちょっとしたブームみたいなものなのでしょうね。

>かるきちさん
この再現されている昭和の30年代とは、これから高度成長期へ向かう時代。
誰もが明日は必ず今日より豊かになる!と信じて突き進んだ時代ですものね。
人の心は当時の方がよっぽど豊かだったのかもしれませんね。

>さくさん
うれしいなあ… さくさんにそんな風に言ってもらえて。
モノクロの質感、すごく好きです。
ちょっとはまりそうです。 
GOLD100の投げ売りには驚きましたよ〜
で、コダックの経営破たんのニュース…
なんだか複雑ですね。 フイルムってどんどんおいやられていくのかなぁ…

>ta93さん
まるで映画のセットに迷い込んだようで、さあ撮影しろ!と誘われてるようなこの感じ。 素敵でしょ?
それに嬉しい評をありがとうございます。
真面目なコメント感激ですわ!
ゆーり
2012/01/28 01:18
>かぷち〜のさん
私も八千草さんの若い頃ってのは殆ど覚えてないですが、小学校の頃は父親が時代劇が大好きで、よくテレビでやってたチャンバラ映画を見てました。
彼女はよく、かわいらしいお姫様役なんかをやってた記憶がありますよ〜^^

>湯呑みさん
まあ、瀬戸出身でございましたか。
ではこんな雰囲気は、湯呑みさんの原風景なのですね。
今回は雨だったのでやきもの街道の方へは行かなかったのですが、あちらの方も素敵な雰囲気ですよね。 またゆっくり撮影したいって思います。

みなさま、コメント本当にありがとうございました。
ゆーり
2012/01/28 01:18

 昔むかし
 ”おーい、瀬戸物ほどくよー”手伝っっとくれー”
  おばあちゃんの声
  集まる小学生の子供たち
 姉:わたしが縄をほどく係ね〜
 し:じゃあ、新聞包みをほどくから
   たたんでなぁ。 (妹らへ)
 祖母が5個くらいに積み分けて
  土間と小上がりの店先へ・・・・ 

 懐かしき、心の原風景
 しげんち・・
 幼き頃は、瀬戸物屋さんなのでひた。
          うるるっ
 そふいへば
  今もの言わぬ病床の父は
    ”八千草かほる”のファンだった
昭和40年代@しげきちゃん
2012/01/28 11:11

映画のセットみたいですね。
そうか「カゴメソース」のカゴメは「篭目」か!今知りました。
6枚目の洗濯物の写真、ステテコ(?)の隣はふんどし?!…違うかっ
…スイマセン、こんなコメで。(^^;)
 
full
2012/01/28 13:55
銀塩の描写って優しいんですね!
シャープなだけが写真じゃないですよね。
なかなか戻れはしないけれど。
カラーも本当にいい色合いですね。
懐かしくって涙が出そうです。
イッシー
2012/01/28 21:46
むむむ・・・実に素晴らしいです♪

いい雰囲気の場所ですが、フィルム写真の雰囲気がまた合ってますね(^^)b
TETSU
2012/01/28 22:41
>しげさん
ああ、そういえば瀬戸物屋さんって聞いたことありました。
こんな風景の中でしげさんは育ったのですね。
昔の子供はたくさん沢山お手伝いをしてました。
当たり前のように。
今よりも、家族はもっともっと濃密だったのかもしれません。

>fullさん
ね〜 本当に映画のセット。
このまま撮影できちゃいますよね。
カゴメの元ロゴってこうだったんですね。
今じゃトマトだっけか??
ケチャップしか浮かびません^^:
洗濯物、、これナンだっけか??
でもこの細さと長さは褌にしか見えないわよね。

>イッシーさん
たぶん、銀塩でもカメラがニコンのFシリーズだったりすると、描写はもっとシャープなのかもしれませんね?
なんだかこのふんわり感ってアサヒペンタックスの描写のような気もしてますがどうなんでしょう?
でもデジタルでしか出来ない描写、フイルムだからできる描写
色々楽しみたいって思ってます^^



>TETSUさん
ありがとうございます〜
やっぱりレトロなものは、フイルムで撮ってみたくなります。
ますます味付けがそれっぽくなって、なんだか嬉しくなりました^^

みなさま、コメント本当にありがとうございました^^
ゆーり
2012/01/28 23:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
いつも夕日の中 回遊魚のキヲク/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる