自問自答

画像



カメラを持ったばかりの頃は、ファインダーから覗く世界が異常に新鮮。
楽しさにまかせ、そこはデジタルの恩恵 毎日夢中で盛大にシャッターを切った。

でもいつしか撮った写真は「だからナニ? それで?」 と突っ込みを入れたくなるだけの、小手先のオシャレ系(?)的な構図と、薄っぺらで表現力が貧困なクダラナイ写真ばかりだと気が付き、しばらくカメラから離れてみた。


それでも距離を置いてみれば、やっぱりカメラが恋しい… 
あの時感じた疑問符は今でも感じる事だけど、誰にメイワクかけるワケじゃなし、
撮った写真の意味なんて別に考えなくてもいいかな と思う事にする。

そうして私は今日もまた、クダラナイ写真の山を量産して行くのだ。
自己満足という開き直りの正義を信じて…

"自問自答" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント