テーマ:風景

帆船のきらめき

今名古屋港に、海王丸と日本丸が入港しています。  停泊中はライトアップされてるということで、ちょろっと友人のMちゃんと撮影に… こちらは海王丸。 日本丸。 友人Mちゃんも、夢中でございます。  でも思ったより人が少なかったので、ちょっと意外… …
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

ユメノクニ

最近、またちょっとビョーキが出てきました。 自分の写真を見ても 「だから? で?」 と言いたくなるばかり。 どれを見ても、つまらない… それでも、撮るしかないのにね… とても大好きな写真を撮るブロガーさんが、突然居なくなってしまいショックです… さくら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

斜陽は眩しい程に輝く

いつものお気に入りの場所。  ここに来ると、なぜか懐かしいような 切ないような そんなセンチメンタルな気分になるのは何故だろう?
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

黄金の水面に

そこに潜んでいるのは、一体だあれ…? すっかり寒くなってきましたね~ 紅葉が楽しみです。 ※ 皆様へのご訪問は、また後程に…  ごめんね^^;
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

夜の散歩道

えー ちょっと前回記事のレスと皆様への訪問が遅れます。 ごめんなさいっ!^^:
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

鏡の中の…

どこが現実  どっちが虚 あの真ん中の空間は きっと異次元の入口 豊田市美術館の入口付近にある、鏡のオブジェたち いつか、夕日が綺麗な時に来てみたい…
トラックバック:1
コメント:16

続きを読むread more

雨上がりの埠頭

青空なんてメじゃない。 こんな空の埠頭が好きだ。 …と強がってみる。 名古屋港の埠頭から見える、製鉄所。  いつかあの要塞の心臓部で撮影したいと切望しているけれど それは叶わぬ夢。  そして恋心のような憧れは熟成し 私の内なる世界を構築していく… …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

清流の渡し船

美濃市、長良川にある上有知湊(こうづちみなと)跡に建つ灯台。 物資輸送の拠点であったらしい。
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

島ライダー

佐久島の南側を縦断する一番のメイン道路 唐突に、脈絡も無く 人々を癒す足湯にヤツはいます。 仮面ライダー、、うーん… 初代と迷ったけど、赤の頭部はV3? かつては賑やかなりしデパートの屋上にでも居たであろうと推測されるライダー ちびっこを背中に乗せ、空飛ぶ気分も味わえます。 (…いや…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

息子と私

私の影響でカメラを持ち出した息子 買ったはいいけど、私には長すぎる感の50mmレンズ アイツに貸したら単焦点の面白さに虜になり 全く返してくれる気配は無い… …ま、、いいけどさ。 私は今24mmのF1.4が欲しくて仕方ありません… 買えねーけどさっ! …
トラックバック:0
コメント:21

続きを読むread more

海から海へと続く道

夏も終わりのある一日  ひたすら歩く一本道 暑い… 暑い… 汗が滝のよう もう、景色が日本じゃないし…^^: でもここは、三河湾に浮かぶ佐久島。 西尾市一色町営の渡船でたったの30分足らず。 以前の記事、「首長竜の夢」 で登場した流木もここでの撮影だ。 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

明治村乗り物事情

明治村シリーズ 番外 今年、明治村に行って驚いた事が一つ。 去年まで村内を走っていた交通機関、SL、市電等が廃止になっていた事だ。 もっと以前には馬車もあった。    これは2007年9月に撮影したもの。 残念ながらこの馬舎だけで、肝心の馬車を撮影していなかったのが悔やまれる。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

高架下の空

金網越しの鮮やか過ぎるBlue 眩しすぎて眩暈 まるで囚われた水槽の中から見上げる空のよう…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

どこか懐かしい…

ひぐらしの声降り注ぐ廃線に咲く花  鮮やかに… またまた、JOHNBEATLELENNONさんが、私の写真を使って動画を作ってくれました。 エリック・カルメンの 「Desperate Fools」 という曲です。 どこか郷愁を誘う切ないメロディー。 優しく沁み通るように歌い上…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

スタジアムへの橋

まるで恐竜の化石、胸骨の中に入っていいくようなイメージ 黒川紀章氏のデザインらしい トヨタスタジアムへと続く豊田大橋の描くアーチは、いつ見ても美しい。
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

いのちのささやき

「ここが楽園」 「どこでだって生きていける」 「浸食」 初めてカメラを持った頃、よく撮影していたテーマ 「いのちのささやき」 をまた再び…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

鉤爪のクラッシャー

彼は埠頭にいた。  鋭い鉤爪を持つアイツだ。 まるでミサイルの発射台。  次なる戦闘のスタンバイはO.Kだ。 このシビれるフォルムは、殆ど 「攻殻機動隊」 人工AIを持つタンク、タチコマの一部のようだ。 見上げる巨大アームは、天にも届く。  ああ、トキメキの乙女心(つっ…
トラックバック:0
コメント:25

続きを読むread more

聞こえるのは静寂の音

いつ来ても、ここは静かだ… 3年ほど前、偶然に見つけた場所 魅入られて何度も通うが、未だ本質は写せず… 今夜は中秋の名月  これも未だ本質は写せず…  てか一生無理? 息子と二人で庭に出る。  撮りたてホヤホヤの月
トラックバック:1
コメント:16

続きを読むread more

明治村からの便り

明治村シリーズ 宇治山田郵便局 旧所在地 三重県伊勢市豊川町 建設年代 明治42年 伊勢神宮 外宮前の角地に建てられたという、この建物はドームの天井がひときわ美しく、印象的だ。 現在は明治村オリジナル消印で便りを送る事ができる、堂々現役の郵便局である。  その他、10年後の指…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

おひさまの写真館

明治村シリーズ 高田小熊写真館 旧所在地 新潟県上越市本町 建設年代 明治41年頃 人工照明の無い時代の、屋根からの太陽光を利用した写真スタジオ。 暗幕や薄いカーテンで光を調節していたとの事。 明治時代では、写真技術は高度な知識と長年のカンが全て。 写真師は文明開化の花形職業として…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more