讃美歌の降る場所

明治村シリーズ 聖ザビエル天主堂 旧所在地 京都市中京区河原町三條 建設年代 明治23年 典型的なゴシック建築の 美しい教会。 明治村でも1.2を争う 人気スポット。  多くのカメラマンさんが いつもどこかでカメラを構えています。 私にとっても、明治村と聞けば こ…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

さようならの歌

昨日の帝国ホテルの記事の、923さんのコメントで すっかり記憶から抜け落ちていた 「Simon & Garfunkelのフランク・ロイド・ライトに捧げる歌」 の存在を思い出しました。 学生時代、本当に良く聞いていたSimon & Garfunkel ですが、まだまだ子供だった当時の私は、 殆どこのグルー…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

帝国ホテルへようこそ

フランク・ロイド・ライト設計の帝国ホテル。  旧所在地 東京都千代田区内幸町 1923年(大正12年)竣工。 1968年(昭和43年)新本館建設のため解体。 その後、ここ明治村に玄関・ロビー部分のみを移築される。 明治村一般駐車場から入って、一番最初に目にする建物がこれである。 …
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

初 恋

「Boy Meets Girl…」 いのち短し 恋せよ乙女 朱き唇 褪せぬ間に 熱き血潮の 冷えぬ間に 明日の月日は ないものを 「お姉さま、お待たせ。 あら?どうかしたの?」 「…なんでもないわ。」 「ふうん…? なんだか お顔が赤いみたいよ? あの書生さん知ってる…
トラックバック:0
コメント:21

続きを読むread more

首長竜の夢

ここはどこだろう? いつの間にか 時を超え  ひとりぼっちになってしまった。 寂しい恐竜は 今日もここで独り佇む 「仲間は どこに行ったのだろう…?」 太古の幸せな記憶を抱えて眠る恐竜 本当は解ってる もう誰もここには来ない… それでも いつか きっと… …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

トリトンの足もと

名港トリトン 伊勢湾岸自動車道にかかる橋。 この道路を走るたび、私はこの道路上から眺める工業地帯を撮りたくてたまらなくなる。 秘かに大渋滞を狙っているのだが、 残念ながら一度もそんな幸運には恵まれない…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

心が還る場所

お気に入りの場所は数々あれど、ここは私にとってスペシャルな場所。  写真を本気で撮りだした原点といってもいいかもしれない。 岐阜県八百津町にある、旧八百津発電所 明治44年に建設されて、今は記念館になっている。 先日の記事のハイヒールもここで撮影した…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

Dolphin Healing

この青い空間で 癒されたい♪ 最近 ちょっと胃が痛くなるような事態が重なって 一つ一つはなんとかやり過ごせても、束になってかかって来られると やはり気が付かないうちに、ダメージが来ていたようだ。 今朝はメールで知った、友人のなにげない優しさに思わず布団をかぶって号泣してしまった。 久しぶりに泣い…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

そしていつの日か

暗闇の中で 心が折れそうになって 進む方向もわからず  閉じこもってしまいそうになっても それは、きっと次のJUMPへの心の旅。  いつか 輝きを取り戻す その日が来たら きっとどこかで 会える気がする だから さよならは言わない。  「またね!」  YO…

続きを読むread more

神様の手の中で

その光は 聖なるひかり 天上よりの 福音のひかり 聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、ハレルヤ あなたに神の祝福を… 愛知県犬山市 明治村 聖ザビエル天主堂にて
トラックバック:1
コメント:20

続きを読むread more

フライホイールと赤煉瓦

100年前の巨大なフライホイールと赤煉瓦のコントラスト それはなんと圧倒的な存在感なんだろう。 ここは、トヨタ自動車の前身、豊田自動織機製作所の工場跡地 今はトヨタ産業技術記念館の中庭。 来るたびに、カメラを向けずにはいられない私のお気に入りの場所。 古い赤煉瓦の手触りの な…
トラックバック:0
コメント:23

続きを読むread more

旧美濃駅

昨日の記事の、ここはどこですか? という問いの答えでございます。 平成11年に廃線になった、名鉄美濃駅。 現在は保存会の手でちょっとした博物館になってます。 改札口は、不思議の国の入口。 すでに展示物が置いてあるのか、廃品置き場になっているのか分からない微妙な空気感。  カ…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more